太って見えるのは○○の低下?

徳永です。

今回はダイエッターの方が勘違いしやすいことをご紹介します。

BMIは低いのに体がプニプニしている
・体重は落ちたのに体にメリハリがない

この2つに当てはまる方は筋肉量の低下が原因である可能性が高いです。

この状態でさらに食事量を減らそうとしてしまうと筋肉量の低下を助長し、脂肪を燃焼する能力も減少してしまいます。

そのため、まずは体の動かし方を理解して、適切な食事量を摂る必要があります。

体を動かす際は日常生活を意識するために、単関節運動ではなく、なるべく多関節運動を選択しましょう。

適切な食事量は個人によって変わりますが、
毎食拳1個ほどのお米、手のひら1枚分の肉、魚、親指サイズの油、野菜を入れた味噌汁を摂ることから始めてみましょう。

パーソナルトレーニングはいわば体の動かし方の教習所です。

適切な体の動き(運転)を身につけないと怪我や不調(事故)に繋がってしまいます。

ぜひ一度パーソナルトレーニング(教習所)へお越しくださいませ。

本日は以上です。ご覧いただきありがとうございました。