100日ダイエット 50日目の結果

2013年7月4日

50日目フロント比較

100日ダイエットクライアント様の50日目の結果です。
データのご提供ありがとうございます。

身体からはしっかりむくみが取れています。
お腹周りがすごくスッキリしていますね。

50日目サイド比較

横から見ると一目瞭然。
二の腕のたるみが無くなっています。

50日目バック比較

背中はもっとわかりやすいですね。
すごく綺麗になってます。

 

詳しい数値などはゴールに発表します。

 

上半身が大きく変化してくれば、
次は下半身です。
下半身は血流が悪いところが多いのと、
女性は特にアドレナリン受容体α2が多いので
脂肪分解がどうしても遅いです。

 

これを知っているかいないかで
対処の仕方も変わります。

 

下半身痩せに悩む女性は非常に多いです。
脚を動かせば脚の脂肪が取れるわけではないことを
まず理解しなくてはなりません。

笑顔で100日目を迎えれるかどうかは
トレーナーの正しいアシストとクライアント様の頑張りで決まります。
この減量は二人三脚。
お互いが良い意味で緊張感を持ちながら前に進んでいきます。

100日目もピースできますように!

1372859023362

POW

2013年6月30日

IMG-20130628-01192

イギリスから無事届きました。
プロテインパウダー(POW)を使ったお菓子の作り方が書かれています。

マフィンや、

IMG-20130628-01193

ドーナツ^p^

IMG-20130628-01194

もちろん全編英語で綴られているので、
まず解読しなければいけませんが(笑)

これらに載っているお菓子は、糖質がすごく低く抑えられています。
使われてる食材は、「なるほど」というものばかり。

著者のアンナさんはホームページに、
ジムとDOMS(筋肉痛)、
健康とフィットネスへの我々の永遠の関わりに乾杯!」
と記されています。


お菓子は身体に悪い物というイメージがありますが、
それを払拭させる力強いメッセージですね。


こんな屈強な男たちが笑顔でお菓子を作っているのに笑います(笑)

optimum-nutrition-warriors-123

どうなりたいか?

2013年6月25日

1016635_10151481668416762_1988830619_n

 

うちのクライアント様ではありません(笑)


アメリカではフィットネスモデルなる職業があり、
それで生計を立てている方がいます。

この方たちは飯を食うために必死こいて
身体を鍛えなければなりませんし、
栄養管理も完璧にこなさないといけません。

でも、別に鍛えなくても飯を食える方が世の中大半でしょうし、
その方たちはどうしてそこまで痩せたり、鍛えたりするのでしょうか?

「身体をどうしたいんですか?」
「目標はなんですか?」

一応ダイエットトレーナーを名乗ってますから
ダイエット目的の方が大半なんですが、
ただ単に「痩せたいんです」と言う方がほとんどです。

美容室に行って
「とりあえず切ってください」
とは言いませんよね(笑)

この質問に明確に答えられないと、プログラムできませんし、
なにより本人様がフィットネスを続けるのが困難になります。
(目的→目標の不明確さは継続を困難にさせる。)

ただ痩せたいだけなら別にこんなきつい筋トレしなくてもいいですしね。

運動=痩せる?
運動=引き締める?

ここが理解できていないと、
bodymakeはできません。

いったい自分は身体をどうしたいのか?

美容室ではないですが、
体験の方はこんな身体を目指してると
切り抜きを持ってきてくださると嬉しいですね。

それがどれだけ今の自分とかけ離れていようが
私はけっして笑いませんし、本気でそれを応援しますよ。