sungle

2か月間の減量結果!

徳永です。

今回は4月1日から行っていた減量結果を報告したいと思います。

減量前の体重が73.5㎏で、減量後の体重が69.5㎏でしたので-4㎏の減量結果になりました。

今回私が実際に行った減量の手順としては

①食材を変える

減量前は脂質が多く含まれるものも気にせず食べていましたが、脂質を抑えていくために、揚げ物などは極力控えて、鶏の胸肉や魚をメイン食材にしていました。

②朝昼の食事量を増やし夜の食事量を抑える

朝昼は活動量が多いため、食事量を多くして空腹感が出ないようにしていました。また、朝はDIT(食事誘発性熱産生)が高いため朝に多く食べていました。

③炭水化物の量をトレーニング内容によって変える

脚・背中の日は200g、胸の日は100g、腕・肩の日は50gという風にトレーニングで動かす筋肉の大きさによって炭水化物をとる量を変えていました。

④炭水化物の摂取タイミングと食材を変える

朝や昼にトレーニングをすることが多かったので、トレーニング前・トレーニング後に多く炭水化物をとっていました。また、白米→サツマイモ→かぼちゃの順に、カロリーが低いものに変えていきました。かぼちゃは白米の2倍の量は摂れるので空腹感はあまりなかったです。

 

71.4㎏で停滞期を迎えました。停滞期を打破した方法は、炭水化物のみを多く摂る「ハイカーボ」を一食だけ取り入れました。ハイカーボを取り入れることで一時的に体重は増えましたが、代謝が上がったことにより2日後には71㎏を切ることができました。

体をドライな感じにするために、減量終了1週間前からタバタを取り入れたり、体内のグリコーゲンを枯渇させるために、3日間炭水化物をできるだけ摂らないようにする「カーボディプリート」なども行いました。

その時の体がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真ではわかりずらいですがうっすらと鼠径部から下腹に血管が出ていました。

 

 

その後、枯渇した体に2日間炭水化物のみを摂り続けて筋肉を張らせた体がこちらです。

全体的に厚みが増して筋肉が張りました。

今回は緩く始めていたのですが、どんどんと火が付き、自分の限界まで挑戦してみました。

これからは、できるだけ体脂肪を増やさないように、短期間の増量と減量を繰り返しながら体を作っていきたいと思います!