sungle

1年間で感じたこと

徳永です。

私がLEAN BODY STOREに来て1年が経ちました。

そこで、この1年間で感じたことを3つ書いていこうと思います。

1.「ダイエットの考え方

 有り難いことに、現在ダイエットのお客様を多く担当させていただいています。その中で、「ダイエット=体重を減らしていくこと」と考えている方が多いなと感じました。もちろん体型の変化において、体重を減らしていくことは必要ですが、数字ばかりがすべてではありません。見た目を引き締めることが目的であれば、減らすべきは体脂肪です。体重計の数字に振り回されずに、見た目の変化に目を向けていくことが大切です。ダイエットはずっと続けていけるものではないので、ダイエット期間が終われば体重を維持する期間を作り、筋肉量を減らさないようにすれば体重に一喜一憂することも減っていくのではないでしょうか。

2.「継続は力なり

 トレーニングやボディメイクに共通して言えることですが、続けることが最短の近道だなとお客様を見ていて実感します。挙がらない重さを挙げることができたり、理想の体型に近づくことができたり。自分の身体とはずっと付き合っていくものなので、すぐに結果が出なくても簡単にやめずに、長い目で少しずつ積み重ねていくことにトレーニングの価値はあると思います。なので、ウサギとカメの話のカメのようにゆっくりと進んでいきましょう。

3.「知識̟+経験=技術

 トレーニングや栄養に関する知識を身に付けるだけではなく、それをいかにわかりやすくお客様に伝えるかがトレーナーとして必要な技術であり、様々な知識と経験がトレーナーとしての技術に繋がることをこの1年間で実感しました。

 

追い込むだけがトレーニングではないし、痩せるだけがダイエットではないと思うので、目的に合わせて柔軟に対応できるトレーナーになっていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。