sungle

美脚に欠かせない種目

徳永です。

今回は女性なら誰もが憧れる「美脚」を作るためのトレーニングを一つご紹介したいと思います。

「ルーマニアンデッドリフト」という種目はご存じでしょうか?

主に太ももの裏のハムストリングスやお尻の大殿筋を狙ったトレーニングです。

裏もも、お尻、背中など体の後ろ側の力はどうしても落ちていきやすく、人は日頃、前かがみや体を内側に縮めるような姿勢になることが多いため、体の前側の筋肉は硬くなってしまいます。

逆に後ろ側の筋肉は使われることが少なくなり、筋力は落ちていきやすくなります。

これらが姿勢の悪化やスタイルの悪さに繋がります。

これを打破するために、デッドリフト系のトレーニングはとても良い仕事をしてくれます。

前もものハリを軽減し、お尻を引き締め、良い姿勢を作るために、デッドリフトは効率的です。

ルーマニアンデッドリフトのやり方は、

1.腰幅で立つ

2.膝を少し緩める

3.胸を張り、体から重りが離れないように上体を前傾させる

4.1に戻る

注意点としては、

・腰を丸めないこと

・重りが体から離れないこと

・膝を曲げすぎないこと

これらを意識して、10~15回を目安に行ってください。

また、ルーマニアンデッドリフトでは、バーベル、ダンベル、ケトルベルを用いて行うことができるため、それぞれのメリット、デメリットについてもご紹介します。

 

 

まず、バーベルを使うメリットとしては、高重量を扱うことができる。デメリットとしては腰に負担がかかりやすい。

次に、ダンベルを使うメリットとしては、腰に負担があまりかからない。デメリットとしては、重量が重くなると腕への負担が大きい。

最後に、ケトルベルを使うメリットとしては、腰や腕に負担があまりかからない。デメリットとしては、大きいケトルベルはすぐに地面につきやすい。(構造上、下が膨らんでいるため、可動域が狭くなる)ことがあげられます。

個人的には、ケトルベル<ダンベル<バーベルの順に難しくなるので、ケトルベルや自重から始めることをオススメします。

いかがだったでしょうか?美脚種目についてはまた更新していきたいと思いますので、楽しみにしていてください。