sungle

ダイエットに縛られていない?

徳永です。

今回はダイエットをすることに縛られて自分ルールを決めすぎている人にぜひ読んでいただきたい内容です。

個人的にはダイエットという言葉はあまり好きではなくて、短期間で痩せることに対してはあまり賛成ではありません。(病気で体重制限がある場合やスポーツ等は除く)

これはお客様にもよく言うことなのですが「自分のできる範囲で習慣にしていきましょう」と言っています。

なぜこのように言うのかというと、ダイエットは食習慣や生活習慣の乱れを整えることだと考えているからです。

無理なダイエットは体だけでなく心も壊します。

特に自分ルールを決めすぎている方は要注意です。

例えば、「Aの食材を食べたいけど食べたら太るからBの食材を食べよう。」

一見問題なさそうに見えますが、我慢をしていることに注目してください。

ダイエットは我慢ではありません。Aの食材をこれからずっと食べないということは、我慢をし精神的に負担をかけています。

ではどうすればいいのか、それは「無理なダイエットをやめることです。」

これは、体重を減らすな!とかいい体になることをあきらめろ!と言っているのではなく、自分がストレスを感じるようなことはやめるということです。

意思を高く持つことは大切ですが、高すぎる意思は時に自分の体を壊します。

ダイエットは自分をより良くするための一つの手段だと思います。ダイエットをすることが目的になり縛られている人は多いのではないでしょうか?

ダイエットをすることの目的を間違えずに、自分の生活を豊かにする手段の一つとして我々パーソナルトレーナーを頼っていただけると幸いです。