sungle

筋力低下をもたらすディトレーニングとは?

徳永です。今回はあまり知られていない言葉だと思いますが、ディトレーニングについてお話していこうと思います。

ディトレーニングとは、トレーニングの減少や休止によって、解剖学的、生理的及びパフォーマンス適応の部分的または全体的な損失のことをいいます。

つまり、運動を中止したり、強度を落とすと筋力低下が進むということです。

コロナウイルスによる緊急事態宣言でトレーニングできていない方は多いと思います。

ディトレーニングによって筋量や持久力は大きく低下します。一応、半年以上トレーニングを継続している人はマッスルメモリーで早く戻ります。

8週間のトレーニングによって得られた筋量は、4週間のディトレーニングでトレーニング開始前に戻り、さらなる4週間のディトレーニングで基準値以下になるとの報告もあります。

緊急事態宣言が解除されてジムで追い込みたいマッチョの気持ちもわかりますが、トレーニングやスポーツを再開する際には、身体の機能やパフォーマンスが低下していることを念頭に置き、以前の水準に戻るにはある程度の時間がかかることを考慮しながら、再開する際には強度やボリュームを下げて安全に行いましょう。