sungle

トレーニングにおけるDecreaseについて

徳永です。

今回はトレーニングにおいて必要なDecreaseという考え方について書いていこうと思います。
トレーナーをしていて感じることは足し算をするのか引き算をするのかをよく考える必要があるということです。

どういうことかというと、個人個人によってフィットネスレベルに違いがあるからその方に合わせてトレーニングしようね。ということです。

なんや、そんな普通なことを今さら。

と思うかもしれないですが、ここがトレーナーとしての腕の見せ所です。

例えばスクワットをしてください。と伝えても、適切に出来る人はかなり少ないです。

可動域がでないのか、姿勢が悪いのか、動き自体に慣れていないのか、

そうなったときにどのように指導をすればフォームの改善が出来るのかが大切になってきます。

・種目を変えながらやる必要があるのか
・柔軟性不足なのか
・頭でのイメージの違いなのか
原因は様々だと思いますが、
フォームエラーが起こった時にどのように対処するかの引き出しを多く持つことがトレーナーとしては重要なスキルだと思います。

負荷を増やすことは簡単ですが、「減らすこと」は様々な視点から考えなければなりません。

そのため、LEANBODYSTOREではお客さまのフィトネスレベルに合わせた指導を大切にしております。

いきなり多くの種目を行うのではなく、トレーニングをするために必要な体の動きを手に入れるために少ない種目で、丁寧に指導していきます。

初心者や運動嫌いの方もぜひ一度当店にお越しくださいませ。