sungle

トレーニングにモチベはいらない説

青木です。

明けましておめでとうございます。(遅い)
本年もどうぞよろしくお願い致します。

コロナウイルスによりなんとも暗い世の中になりましたが、その中でも己を鍛え、心身健康に過ごされているクライアント様。なんとモチベーションの高い事か、と思われがちですが、そこに大したモチベなど無く、顔を洗うが如く、歯を磨くが如く、お風呂に入るが如くの日常というだけのお話。

「今日はモチベ高いから顔を洗うぞ!」なんて人いませんよね。
顔を洗わないと気持ち悪い、歯を磨かないと虫歯になる、お風呂に入らないと臭くなる、なので当たり前のように行う日常の中にトレーニングが入ってるだけ。トレーニングしないと衰える、すっきりしない、太る、色々理由があるでしょうが、そこに大したモチベはいらないわけです。

トレーニングを行う前に、
「今日は体がだるいなぁ」
「しんどいの嫌だなぁ」
と思ったことありませんか?

だるい、しんどいのであればそれでもできるレベルのことをしましょう。
とにかく動いてみましょう。
トレーニングは身体を追い込むことではありません。

自分が思ってるよりも体は動いてくれるかもしれません。
いざ動いてみればスッキリするかもしれません。

身体を動かすことはマイナスにはなりません。

身体を動かすのにモチベは要りません。

トレーニングを継続するにあたってモチベーションが必要と思われている方は
ぜひ一度パーソナルレッスンを受けてみてください。トレーニングへの考え方、向き合い方が変わるかもしれません。